子供の名前が決定するまでの道のりは様々です!

子供の名前は誰がつける

産まれてくる子供の名前は以前だったらおじいちゃんやおばあちゃんがつけたりする事が多かったです。しかし、今は親が付ける事が多くなった為が人気のある名前も変わってきました。以前だったら「~子」がつく名前が多いのもつける人によって変わってくからでしょう。しかし、今は、当て字や自分の好きな字を入れたりと傾向が変わってきたせいか、読み方が難しのも事実です。これは、親の好みが子供の名前に影響してる事が分かります。

字画を見るは今も昔も一緒

好きな名前と言ってもやはり字画は気になるものです。それは男の子だったら結婚しても何か理由がない限り変わらない一生ついてまわるし、女の子も結婚したら苗字は変わるけど名前によって結婚運も変わってのでやはり真剣に親も字画は見るのではないでしょうか。その為か本屋にも字画を調べる本もあり、ネットでは字を入力するだけで姓名判断をしてくれます。それほど、字画というのは昔も今も名前を決めるのに気になるのではないでしょうか。

産まれてから決める人もいる

産まれる前から子供の名前って考える人が多いです。それは名前も楽しいの一つですよね。これでもない、あれでもないと字画を調べながら決めるけど、産まれて子供の顔をみると決めた名前がピンとこなくていきなり決めた名前ではなく、また名前を決めなおす人もいます。子供の顔を見てピンと来なければそれも運命です。決めなおすものいいかもしれません。名前は後からついてくるものです。名前を決めるのは子供に影響する部分もあるので納得いくまで考えて決めましょう。

何かに名前をつけることを命名と言いますが、日本では子どもにつける名前に使っても良い漢字が限定されています。