車検を受ける場所による違いについて知ろう

ディーラー車検の特徴

車検を受ける事が出来る場所の代表格としてディーラーがあります。価格は他の場所と比べた場合多少高い場合が殆どです。ただし作業の正確性は他の場所の追随を許しません。作業するスタッフも国家資格を所持しており、質は最高に良いです。ディーラー車検の場合だと次回の車検までエンジンオイルやオイルフィルター以外の部品は交換しない事も想定して車検時に整備しますので、車の知識が全くない方でも安心して自家用車を預ける事が可能ですよ。

ガソリンスタンドでの車検の特徴

ガソリンスタンドでも車検を受ける事が可能です。ガソリンスタンドでの車検だとアルバイト店員が一級整備士の指導のもとで作業する場合があります。そのため作業工賃は安くなる場合が殆どですが、作業の正確性が多少落ちる場合があります。立会い車検の場合が殆どで、実際の作業を見る事が可能です。作業員がどこの部品が壊れているのかを詳しく説明するので、車の知識を身につける事が可能です。車検に通過しない部分のみを修理する事も可能ですよ。

ユーザー車検の特徴について

一番安い方法は陸運局の車検場に直接自家用車を持ち込む、ユーザー車検があります。こちらの方法だと修理する箇所がない場合には、法定費用のみとなります。修理が必要になった場合にはそちらの部分のみ修理が必要になります。他の場所だと安全のため修理すべき場所があった場合には、アドバイスをしてもらえますが、ユーザー車検の場合にはそのようなアドバイスが一切ありません。そのためこちらの方法を行う場合には、事前に自己点検を行う必要があります。

車検を車を買ったディーラーに頼むとコストが嵩むので、格安で数時間で行えるサービスを利用する人が増えてます。